So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

iPhone 7 (PRODUCT)REDに似合うアクセサリー!! [iPhone]

iPhone 7 (PRODUCT)REDに似合うアクセサリー!!

私が所有するiPhone 7 (PRODUCT)REDに似合う赤のアクセサリーを
紹介致します。

red (1).jpg
赤のアクセサリー①


red (2).jpg
赤のアクセサリー②


red (3).jpg
赤のアクセサリー③


red (4).jpg
赤のアクセサリー④


red (5).jpg
赤のアクセサリー⑤


red (6).jpg
赤のアクセサリー⑥


red (7).jpg
赤のアクセサリー⑦


私の所有している赤のアクセサリー類をiPhone 7 (PRODUCT)REDと
並べてみましたが、Apple純正のiPhoneとiPad mini用の赤の保護
ケースは赤というよりも朱色に近いことが並べてみて良くわかりました。

私が所有する赤のアクセサリー類でiPhone 7 (PRODUCT)REDと色味が
合うのは、ポーターの赤いウォレットとシャアモデルのウエストバッグ、
そしてBOSEの日本未発売モデルのQuietComfort 25の3アイテムでした。

自分でも赤のBOSE QuietComfort 25とiPhone 7 (PRODUCT)REDの
組み合わせはとても気に入っています。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワイヤードヘッドフォンのワイヤレス化!! [ヘッドフォン]

ワイヤードヘッドフォンのワイヤレス化!!

最近は高級なヘッドフォンやイヤフォンもワイヤレス式が多くなってきました。

しかし、ちょっと前までのヘッドフォンではまだケーブル脱着式のモデルが
主流でした。

bose 25-4.jpg

当然私の所有するヘッドフォンにもケーブル脱着式が多くあり、iPhone 7と
一緒に持ち歩いて使用するには少し不便だなと感じていました。

Lightningをイヤホンジャックに変換するケーブルを使用すれば、ケーブル式も
問題なく使用できるのですが、ワイヤレス式のヘッドフォンやイヤフォンに慣れ
てしまうと、ケーブル式はどうしても煩わしく感じてしまいます。

そこで、市販のBluetoothレシーバーを使用してワイヤードヘッドフォンを
ワイヤレス化してみました。

私が使用しているBluetoothレシーバーは下記の2種類です。

一つ目は3.5mmイヤフォンジャック用Bluetoothレシーバーです。
ヘッドフォンやイヤフォンのケーブルをiPhoneを含む各種音楽プレーヤー
本体と接続する際のケーブル端子の径が3.5mmなので、ケーブルを
音楽プレーヤーに挿さずに、Bluetoothレシーバーに挿して使います。

レシーバー (0).jpg
Bluetoothレシーバーと単三型電池との大きさ比較(正面)


レシーバー (1).jpeg
Bluetoothレシーバーと単三型電池との大きさ比較(側面)


レシーバー (2).jpeg
ケーブルと接続した状態

このタイプのBluetoothレシーバーは色々なメーカーから出ています。

これはこれで便利なのですが、Bluetoothレシーバーを胸ポケット等に
挟んだりしなければいけないので、まだ少しケーブルが邪魔だと感じて
しまいます。



そこで、二つ目として2.5mmイヤフォンジャック用Bluetoothレシーバーを
紹介します。

ケーブル脱着式ヘッドフォンの場合、ヘッドフォン本体と繋がるケーブル側の
ジャック径はほとんどが2.5mmなので、ケーブルの代わりにヘッドフォン本体に
直接Bluetoothレシーバーを取り付けます。

レシーバー(10).jpg

私が使用しているのは、Maceton WM25というBOSE QuietComfort 25専用の
モデルです。

レシーバー (3).jpeg
パッケージ


レシーバー (4).jpeg
パッケージを開けたところ


レシーバー (5).jpeg
Bluetoothレシーバーと単三型電池との大きさ比較


レシーバー (6).jpeg
BOSE QuietComfort 25に取り付けたところ(正面)


レシーバー (7).jpeg
BOSE QuietComfort 25に取り付けたところ(側面)

これなら、完全にケーブルがなくなるので、ほぼほぼワイヤレス式になります。
ヘッドフォンハウジング下部にBluetoothレシーバーが直接取り付くので、若干
見栄えが悪くなりますが、それでもケーブルの煩わしさから解放されるので、
私は満足しています。

高音質にこだわる方にはオススメしませんが、ケーブルが邪魔だと感じている方
にはオススメです。



レシーバー (8).jpeg
参考までにゼンハイザー URBANITE XL に取り付けたところ①


レシーバー (9).jpeg
参考までにゼンハイザー URBANITE XL に取り付けたところ②


今回のMaceton WM25はBOSE QuietComfort 25専用の
Bluetoothレシーバーなので、ゼンハイザー URBANITE XLに
取り付けるとジャック部が長すぎて、
見栄えがBOSE QuietComfort 25以上に悪くなってしまいました。

Maceton のBluetoothレシーバーには他にもいくつかのモデルが
あるので、次回はジャック部の一番短いものを購入してゼンハイザー
URBANITE XL に試してみたいと思います。


ほとんどのBluetoothレシーバーにはマイクも付いているので、
通話も対応しています。

















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Bose QuietComfort 25 限定モデル [ヘッドフォン]

Bose QuietComfort 25 限定モデル

今回は私が手に入れたBose QuietComfort 25 の限定モデル2種を
ご紹介します。

maki-e.jpg

一つ目はJAPAN CONCEPT MODELである「MAKI-E」です。
その名前からもわかるように、文字通り日本の伝統工芸「蒔絵」を
コンセプトとしたモデルです。
スタンダードモデルと違い、ヘッドバンドの内側に金色が、そして
ハウジングが銀と黒になっているのが特徴です。
色使いで蒔絵を表現しているそうです。


makie (3).jpg
パッケージ


makie (1).jpg
パッケージのMAKI-E表示


makie (2).jpg
パッケージから内箱を引き出したところ


makie (5).jpg
専用ケース(中が見える窓付き)


makie (6).jpg
専用ケースを開けたところ

この「MAKI-E」ですが、現在はまだ箱に入れたままで使っていません。

※JAPAN CONCEPT MODELにはもう一つ「SUMI」(墨)が
ありますが、残念ながら私は入手できませんでした。

ヘッドフォンの性能としてはスタンダードモデルとの違いはなく、
あくまでカラーリングの違いのみです。
しかし、価格はカラーリングと数量限定モデルという付加価値で
プラス1万円UPとなっておりました。




二つ目は日本未発売のREDカラーの限定モデルです。

bose 25-1.jpg
パッケージ


bose 25-2.jpg
専用ケース(MAKI-E同様の中が見える窓付き)


bose 25-3.jpg
専用ケースを開けたところ


bose 25-4.jpg
本体を取り出したところ(折りたたみ状態)


bose 25-5.jpg
本体にケーブルを取り付けたところ


bose 25-6.jpg
ハウジング部

日本未発売のREDカラー限定モデルの性能もスタンダードモデルと
違いは無く、あくまでカラーリングの違いのみです。

Bose QuietComfort 25 のヘッドフォンとしての性能は言うまでもなく
秀逸で、特にこのヘッドフォンのノイズキャンセリングを体感してしまうと
ノイズキャンセリング無しのヘッドフォンでは物足りなくなってしまいます。


REDカラーモデルは普段使いのヘッドフォンとしてiPhone 7(PRODUCT) REDと
一緒に持ち歩いて使用しています。

参照元:BOSE
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPhone 7 (PRODUCT)REDはやっぱりカッコイイ!! [iPhone]

iPhone 7 (PRODUCT)REDはやっぱりカッコイイ!!

iPhone 8とiPhone 8Plusが発売され、そしてiPhone Xがもうすぐ発売される
このタイミングで、あえてiPhone 7 (PRODUCT)REDの良さを再確認したい
と思います。

iPhone 6とiPhone 6Sの時は背面のDラインが個人的にどうしても受入れられず
購入を見送りました。

iPhone 7が発売された際にはアンテナラインが目立たなくなったジェットブラックの
美しさに心惹かれました。

そして、ジェットブラックを買うか買わないか迷っているうちに (PRODUCT)REDが
発売され、そのREDの色に一目惚れしてジェットブラックではなく (PRODUCT)REDを
衝動買いしてしまいました。

iPhone 8とiPhone 8PlusそしてiPhone Xが発表された際にも、iPhone 6や
iPhone 6S同様になぜかまったく心が動かされませんでした。

なぜ、最新型のiPhoneである8と8PlusそしてXに心が動かされなかったかを
よく考えてみると、カラバリの少なさに原因があるのかなと個人的に感じました。
ジェットブラックや (PRODUCT)REDがあれば購入を検討したと思います。
まあ、もしかしたら今後カラバリが追加されるかもしれませんが・・・・・

ではここで改めてiPhone 7 (PRODUCT)REDのそのカラーの秀逸さを
見て行きたいと思います。

iPhone7-1.jpg
iPhone 7 (PRODUCT)REDパッケージ


iPhone7-3.jpg
パッケージを開けたところ①


iPhone7-4.jpg
パッケージを開けたところ②


iPhone7-5.jpg
パッケージを開けたところ③


iPhone7-10.jpg
iPhone 7 (PRODUCT)RED背面


iPhone 7 (PRODUCT)REDはとても色味が綺麗なので、そのまま
使用しようかとも思いましたが、傷がついたらガッカリしてしまうので、
iPhone 7 (PRODUCT)REDの色味を極力損なわないケースを取付けて
使用することにしました。

私がiPhone 7 (PRODUCT)RED用に選んだのは
And MeshのPlain Case for iPhone 7と
moshiのiGlaze Clear for iPhone 7 です。

iPhone7-2.jpg

And MeshのPlain Case for iPhone 7の特徴は下記の4点です。
①材料がエラストマーでシリコン製ソフトケースのようにベタつくこともなく、
 柔らかすぎず、iPhone8 の保護性にも優れている。
②使いやすさに配慮したケース背面下部位置にストラップホール有り。
③黄ばみ鈍化加工と色を透明にみせるブルーイング加工を施してある。
④透明ケースの課題である iPhone への貼り付きを防ぐため、ケースに
 エッチング加工を施してある。


moshiのiGlaze Clear for iPhone 7の特徴は下記の5点です。
①moshi独自のハイブリッド構造(TPU、ポリカーボネート)により、
 衝撃や傷に対する抵抗力が高められている。
②ミリタリー グレード (軍用) 落下保護を実現 (MIL-STD-810G、SGS 認定済み)。
③経年変化による退色を防止する特殊表面コーティング。
④音量ボタンと電源ボタンを完全に格納した、スリムで丈夫な保護ケース。
⑤周縁が盛り上げてあるため、iPhone を水平面に置いてもディスプレイが保護される。

今回はmoshiのiGlaze Clear for iPhone 7を先に使用することにしました。
red (4).jpg

シンプルにiPhone 7 (PRODUCT)REDをアピールできるので
とても気に入っています。

やっぱりiPhone 7 (PRODUCT)REDはカッコイイですね!!



参照元:And Mesh
moshi









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゼンハイザーのオーバーイヤー型ヘッドフォン URBANITE XL! [ヘッドフォン]

ゼンハイザーのオーバーイヤー型ヘッドフォン URBANITE XL!

ゼンハイザー.jpg

久しぶりの更新になりますが、また新しいヘッドフォンを買ってしまったので
ご紹介します。

なぜ、このURBANITE XLを買ったのかというと、他のヘッドフォンと違う
その個性的なデザインに一目惚れしてしまったからです。

どこが個性的かというと、ヘッドバンドの長さ調整方法が秀逸だなと感じました。

私の所有しているヘッドフォンの中では一番大きなヘッドフォンになりましたが、
折りたたみが可能でケーブルも脱着式なので、付属のポーチに入れてバッグの
中に入れて持ち運べば意外と苦にはなりません。

ゼンハイザー (1).jpg
パッケージ


ゼンハイザー (2).jpg
パッケージから出した状態①


ゼンハイザー (3).jpg
パッケージから出した状態②


ゼンハイザー (4).jpg
本体とケーブルとポーチ


ゼンハイザー (6).jpg
ヘッドバンドを一番短くした状態


ゼンハイザー (7).jpg
ヘッドバンドを一番長くした状態


私の場合、正直このタイプのヘッドフォンは夏場にはほとんど使用しませんが、
冬場には防寒耳あて兼用で使用頻度が増えます。

URBANITE XLにはBluetoothを搭載したURBANITE XL WIRELESSも
ありますが、結構なお値段だったので私は購入を見送りました。

しかし、今でもちょっとURBANITE XL WIRELESSが気になっていますので、
気がついたら衝動買いをしてしまうかもしれません。


参照元:ゼンハイザージャパン


















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマホの大きさ比較!! [スマホ]

スマホの大きさ比較!!

今回は私が所有しているスマホの大きさを比較してみました。

比較したスマホは下記の5機種です。
①Sony Ericsson XPERIA Active ST17i
②Apple iPhone3GS
③Apple iPhone4
④Apple iPhone5
⑤Samsung Galaxy J3
※iPhone3GSとiPhone5には正面と背面に保護用デザインシールが貼ってあります。

画面の大きさとしては、3インチから5インチとなっております。


以下が大きさ比較写真となります。

スマホ (1).jpg
5機種正面より


スマホ (2).jpg
5機種側面より


スマホ (3).jpg
5機種背面より


スマホ (4).jpg
5機種厚み比較①


スマホ (5).jpg
5機種厚み比較②


スマホ (6).jpg
5機種厚み比較③

こうして比較してみると、やはり古い機種の厚みが
厚い事を再認識しました。

特にSony Ericsson XPERIA Active ST17iの厚みが、
Samsung Galaxy J3の厚み7.9mmの2倍以上の
16.5mmもあることにチョット驚きました。

しかし、それでも手に取った時の持ち易さは、
Sony Ericsson XPERIA Active ST17iが
一番持ち易いので、厚み以上に横幅寸法の方が
持ち易さに影響を与えていることが良く分かりました。

実際に今回の5機種の中では、
Samsung Galaxy J3以外は片手で確実に持てるので、
個人的にはスマホの画面の大きさは5インチ以下なのかなと
改めて感じてしまいました。

そして、もう一つ再認識したこととしては、
iPhone4(含む4S)のデザインが私にとっては
一番シンプルでカッコイイなということです。
特に背面のデザイン!!

今でも、日本に帰った時はホワイトのiPhone4Sを使用しているので、
これが壊れるまでは使い続けようと思います。

私にとって重要なのは、スペック以上にデザインなのだなと
改めて再認識をした、今回の大きさ比較でした。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SONYのオーバーヘッドイヤフォン!! [ヘッドフォン]

SONYのオーバーヘッドイヤフォン!!

今回は10年以上前から使用しているSONYの
イヤフォンをご紹介させて頂きます。

日常的に使用する訳ではないのですが、イヤフォンが
折り畳めて専用ケースにコンパクトに収納できるので、
出張時のお供としてバッグに忍ばせて使用しています。

専用ケースも良く出来ているのですが、それ以上にイヤフォン
本体の折り畳みギミックが非常に気に入ってます。

10年以上も前のイヤフォンなので、
既にイヤフォンの正式名称や型番なども分からなくなっていますが、
良く出来たイヤフォンだと思います。


以下が実際に私が使用しているイヤフォンの写真です。

イヤフォン (1).jpg
専用ケース背面 SONYロゴ


イヤフォン (2).jpg
専用ケース正面


イヤフォン (3).jpg
専用ケース イヤフォンジャック収納部


イヤフォン (4).jpg
専用ケースにイヤフォンを収納した状態


イヤフォン (6).jpg
専用ケースからイヤフォンを取り出した状態①


イヤフォン (7).jpg
専用ケースからイヤフォンを取り出した状態②


イヤフォン (8).jpg
取り出した時点のイヤフォン本体


イヤフォン (9).jpg
イヤフォンの折り畳みギミック


イヤフォン (10).jpg
使用状態にしたイヤフォン

音質などは現在市販されている数々のイヤフォンと比べると
劣ってしまうと思いますが、オーバーヘッドタイプのヘッドフォン
ではなく、オーバーヘッドタイプのイヤフォンのしっかりとした
装着感も気に入っている要素の一つです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミラーレスにはZKINのカメラストラップがオススメ!! [カメラ]

ミラーレスにはZKINのカメラストラップがオススメ!!

今回は以前に買ったまましまいっ放しにしていた
カメラストラップがあったのを思い出したので、
自分のミラーレスに取付けてみました。

そのストラップは香港ブランドのZKIN(ジーキン)の
カメラストラップです。

本革の編み込みタイプのストラップで、その高級感がある
デザインを一目見た瞬間に欲しいと思い買って買ったのですが、
使うのがチョットもったいないと思って、しまいっ放しになっていました。

以下が私のミラーレスに取付けた写真です。

ZKIN (1).jpg
カメラ上部より


ZKIN (2).jpg
カメラ側面より


ZKIN (3).jpg
取り付け部


ZKIN (4).jpg
首あて部のZKINロゴ

今回ご紹介させて頂いたカメラストラップは、ZKIN(ジーキン)の
現在の商品一覧には記載されていないので、既に廃盤と思われます。

ZKIN(ジーキン)は以前にもご紹介させて頂いたショルダータイプの
カメラバッグのCanopus(カノープス)も所有していて、個人的には
非常に気に入っています。

Canopus(カノープス)の過去記事はこちらからどうぞ。








参照元:ZKIN
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「BOSE QuietControl 30 wireless headphones」を早速予約!! [ヘッドフォン]

「BOSE QuietControl 30 wireless headphones」を早速予約!!

前々から気になっていた「BOSE QuietControl 30 wireless headphones」が
2016年10月13日から予約開始になっていたので、勢いで予約してしまいました。
qc30_0.jpg
価格が34,560円(税込み)とちょっと高いのでどうしようかと悩んでいたのですが、
欲しいという欲求には勝てずに結局予約してしまいました。




「BOSE QuietControl 30 wireless headphones」の特徴及び仕様は下記の通りです。

特徴
①ノイズキャンセルのレベルを自由に設定可能なBluetoothワイヤレスヘッドフォン。
②人間工学に基いた首にフィットする軽量ネックバンドを採用。
③ノイズキャンセリング回路と充電式バッテリーを、ネックバンド部に格納。
④スマホやタブレットからBose Connectアプリでコントロール。

仕様
■外形寸法:165(W) x 152(H) x 19(D)mm(28.4g)
■ケース寸法:171(W) x 165(H) x 36(D)mm
■カラー:ブラック
■バッテリー充電時間:2時間
■バッテリー連続再生時間:10時間
■付属品:StayHear+ QCチップ(S/M/L)、充電用USBケーブル、音声ケーブル、
キャリングケース
   
qc30_3.jpg

qc30_1.jpg

qc30_2.jpg


実際の発売は2016年10月28日との事ですが、私が予約した楽天市場の
ボーズオンラインストアには、注文個数によってはお届け日が変わることが
ありますと書いてありました。

私は今は中国にいて、次回の帰国予定は2017年の1月末になっているので、
多少の発送の遅れの影響はないのですが、やっぱり実機を一日でも早く
試したいのが本音です。


参照元:BOSE





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPhone5、5S、SE用アルミバンパー!! [iPhone]

iPhone5、5S、SE用アルミバンパー!!

今回はいまさらですが、iPhone5、5S、SE用のアルミバンパー
をご紹介させていただきます。

今回ご紹介するアルミバンパーは中国のタオバオで1個350円で
購入したアルミバンパーです。

私はレッド、ゴールド、シルバー、ローズゴールド、マットブラックの
5色を各1個づつ購入しました。

以下が実際に私のiPhone5にアルミバンパーを取付けた写真です。

バンパー (1).jpg
パッケージ


バンパー (14).jpg
パッケージを開けたところ(専用+ドライバー、液晶保護シート、背面保護用クリアシート)


バンパー (2).jpg
シルバー


バンパー (3).jpg
レッド


バンパー (4).jpg
マットブラック


バンパー (5).jpg
ローズゴールド


バンパー (6).jpg
ゴールド


バンパー (7).jpg
5個を並べたところ(サイド)


バンパー (8).jpg
5個を並べたところ(コーナー)


バンパー (10).jpg
シルバーのパンパーをiPhone5に付けたところ①


バンパー (11).jpg
シルバーのパンパーをiPhone5に付けたところ②


バンパー (12).jpg
シルバーのパンパーをiPhone5に付けたところ③


バンパー (13).jpg
シルバーのパンパーをiPhone5に付けたところ④


日本円で1個350円ですがアルミニウムにアルマイト処理を
施してあり、350円に見えないところが結構気に入ってます。

アルミバンパーを付けた事で、iPhone5のスクエアなシルエットが
iPhone6やiPhone7の様な曲面的なシルエットになるので、
雰囲気がガラッと変わります。

iPhone6と6Sは背面のアンテナ用のDラインがどうしても好きになれなかったので、
全然欲しいとは思いませんでしたが、背面のUライン(Cライン)が目立たなくなった
iPhone7のジェットブラックとブラックがチョットだけ気になる今日この頃です。

しかし、せっかくアルミバンパーを5色揃えたので、その日の気分によって
付け替えて使うことで、まだまだiPhone5を現役として使っていこうと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -